2012年03月17日

お客様アンケート


昨日今日と、なんとも慌ただしく過ぎてしまいましたが

もう一つ、残っていますので今晩中に仕上げます。


先日紹介した本「安売りするな!価値を売れ!」ですが

ちょっと読んで、娘に貸しています。

たぶん気づく事が、たくさんある事でしょう。


私たちは、どうしても自分目線で物事を見てしまいます。

なので、思い込みでアプローチする事が多くなってしまい

結果、思ったような効果が得られない。


現場での仕事にしても、自信を持ってやっている事の

その自信は・・・自己評価「自分目線」かも知れません。


簡単にそれを測定する方法・・・

それは「お客様アンケート」です。

無記名だと・・なおさら真実味が出てくる場合も有ります。


最近届いたアンケートを見ると・・・オール5 最高評価です。

002131.jpg

これは・・担当者への心遣いも含まれているでしょうから

総じて、甘い採点だと思いますが

それでも「アンケート」を

わざわざ送って下さることに、感謝したいと思います。


様々な事にチャレンジし、さらに良い仕事が出来るように

切磋琢磨している社員の自信にもつながるでしょう。


会社運営は、仕事が頂ける仕組みづくりと

施行した仕事の評価が、100点以上を頂ける社員の質

この両輪が、しっかり機能して初めて可能です。


どんなに優秀な人でも、その力を発揮できない会社に入ると

すぐに芽を摘まれ、ダメになってしまいます。


それを測る基準は、給料をもらった時に充実感があるかどうか?

「もらって当然・・その時間分働いたのだから・・」という人では

どこに行っても大した仕事は出来ないでしょう。


それを・・当たり前のことじゃないか!と思う人は

この特殊性のある葬儀業界では、ストレスを感じるし

リーダーには成れないと思う。


別にリーダーにならなくても、時間通り働いて、その分給料もらって

家族を養って行けるので、問題は無さそうに感じるが

仏教の言葉に「無常」という言葉が有るように

世の中は常に移り変わっている、留まっている事はない。


自分より仕事のできる人が出てきたら、内心穏やかではないだろう。

プロの世界とは、常にそういうところである。


| 日記