2012年07月18日

メール相談の件


昨日のメール相談の件で、返信が来ました。

他にも似たような事で、悩んでいる人が

居るかもしれないから・・と

例として出していいよ。という事です。


父親から、自分の葬儀の時は「家族葬」でやって欲しい

と、言われたそうですが

お父さんは、結構人付き合いも多く、地区役員もした人でした。

今は、現役を退いていますが・・・いまだに年賀状も多いとか・・。


本当の理由は・・・

残る家族・・子供たちの負担を、心配しているようです。

こういう場合はどうしたら?

他にも色々と有りましたが、基本的にこういう質問でした。


家族が「送ってあげたい形」が最良だろうと思いますが

お父さんの気持ちも、汲んであげたいところです。


「家族葬」というのは、お客様をどう扱うか?という事で

その他の部分は、一般的な葬儀とほとんど変わりません。


ちょっと面倒ですが、来て頂きたい人に事情を説明し

それ以外に通知を回さないように、配慮して頂きますが

対外的に有名な方だと、いつの間にか連絡が駆け巡り

予想を上回る方々が見えられる事が有ります。


ただ、お父さんを慕っていた方や、家族の知らない友人など

最後のお別れに行きたい・・・という方々の気持ちを

大切にした方が、残された遺族にも、いい事だと思います。


くれぐれも注意したい事は

面倒だから・・と、誰にも知らせず

家族のみで隠密に葬儀をしてしまうのは・・

特別な事情が有る場合を除いて、避けた方が無難です。

後々・・トラブルの元になる事例が、多いようです。



付き合いの、とても多い故人だけど

どうしても家族だけで、ゆっくり送りたいと言う場合・・。

数日後「お別れの会」を執り行う・・という例もあります。


長くなりますので、詳しい事は・・・お気軽にお尋ねください。


そう言えば・・以前、こんな素敵な家族葬がありました


| 家族葬について