2012年11月06日

家族葬の事


この仕事をしていると、葬儀に関する質問が多い

先日も飲み会の席で、同じような事を聞かれたのですが・・

「家族葬」について

こうしなければいけない・・という決まり事がない

というのも、分かりにくくしている原因かも?


最近の・・と言っても・・もう10年以上になると思いますが

「家族葬」・・・ブームと言ってもいいくらいの勢いで

ご希望されるご家族が、増えてきたように思います。


これは少子高齢化、核家族化、地域コミュニティの希薄化などの

時代の流れの中で、必然的に出てきたもので

ニーズが有るから、私たちも応える義務が有ります。


1.jpg


しかし・・・家族だけで他人を入れない葬儀=家族葬

という狭い意味だけで考えると・・・うまくいかない。

家族のみでも問題の無い家庭と、そうでない家庭があります。

そこをきっちりしてから、先に進まないとトラブルの元になります。


これは、長年この仕事をやってきたから分かる事で

最近参入した業者の中には、理解できないところも。

だから、家族葬=手間のかからない簡単な葬儀・・・と

変な勘違いを、世の中に広めてしまう結果に・・。



大切な親を送る時に

手間のかからない簡単な方法、という選択肢だけで

選ぶとすれば

もう一度・・親というものについて考えた方がいい。

ただ、ほとんど縁の無かった親せきを送らねばならない方も

中には・・いらっしゃる事も事実ですが・・・。


普通のお葬式も、家族葬も・・・形態は同じです。

同じように手間はかかります。

違うのは、そこに「お客様」が居るか居ないかという事で

お客様が居るから、悲しみに没頭できない・・と

誤った情報を発信した葬儀業者は、責任が有ります。

お客様がいない時間の方が、圧倒的に長い訳ですから。


han0200-004のコピー.jpg


もし私なら、親の葬儀の時は、友人知人に来て頂き

想い出を語って、別れを惜しんで頂きたいと思う。

その事で、私を含め家族に手間がかかるとは考えにくいし

会館で、お通夜と葬儀を行うのなら、当社の例で考えれば

肉体的な疲労も、かなり軽減できると思います。


故人の知り合いでもなく

家族も見た事も無い人が来る・・と言うのは論外ですが

家族葬を希望する方々の本音は

もっと違うところに有ると思います。


ものすごく大変な思いをするのが「お葬式」

だから・・楽が出来る「家族葬」がベストです。

というイメージを植え付ける広告を、湯水のように流す。

消費者は「お葬式は面倒で大変な儀式」という印象を持ちます。


亡くなられたら、医師の診断が必要で・・・その後

自宅か会館へ移動し、棺に納める必要が有り

宗教者を呼ぶ場合は、同じように手続きをしないといけない。

家族葬だからと言って・・変わりはありません。

ただ、そのほとんどは業者が代行にて行いますが・・・。



違うのは、ここからで・・・家族葬なら

家族親族以外の人は、ご遠慮願う・・という事。


職場や地域の方々にも、事前にそれを伝えなければ

思いがけず、知人間で連絡が飛び交い・・・

故人の交友関係によっては、大勢の方々がお悔やみに来られる。

過去の例では、事前に家族で話し合い、知人や職場にも連絡し

とても温かいお葬式を、ほとんど家族だけで行った例もある。


そういった事例も有ったし

誰にも知らせずに、葬儀は家族だけで出来たものの

葬儀後に、亡くなられた事を知った方々が、自宅に来られて

しばらくは留守も出来なかった、という事例も実際に有った。


やはり、故人や喪主の社会的な立場によっても、大きく変わるし

故人が生前、人様に尽くした人や 人付き合いが良かった人なら

よっぽどの事情が無い限り、通常通りの方が後のトラブルは無い。


実際の例では、積極的に知らせたりしないけど

家族+親せき+親しい友人が中心で

それ以外への告知は、新聞の告別式欄を利用する。

対外的な告知は、それくらいでもいいかな?と思う。

そういう流れの中で、生前にご縁が有って

訃報を知った方が、お別れに来て下さるなら、ありがたいと思う。


ただ・・受け入れる事が出来ずに、お葬式すらやりたくないほど

悲しみで打ちひしがれ・・しばらくは何も考えられない・・。


そういうご家族も今まで見てきたので、一概に言えない事も・・。

葬儀の段取りしか出来ない葬儀社は、今後は淘汰されるし

グリーフケアがしっかり出来るところは、社員の質が上がり

口コミによって、長年に渡って支持される事と思う。


| 家族葬について