2013年01月28日

お客様のこだわりと対処の方法


南国宮崎だと言うのに・・・むっちゃ寒いΣ(・口・)

というセリフを・・すでに、何回も使っておりますが

今朝の寒さは、思わず・・そう言いたくなる寒さでした。


昼間は、天気が良くて陽射しが暖かかったので

爽快でしたが・・。


今日は、あじさいホールでお葬式でした。

担当は、若干24歳の大規

朝の打ち合わせで、まとめ切れなかったのか

( ̄ω ̄;)エートォ...こんな感じなんですけど・・。

と困った顔で、お客様の要望を聞いてきたみたいです。


お葬式の内容に、こだわりが有り・・・何でも盛り込みたい人は

大概、他県に住んでいる娘さんですね。

いつも、そばに居てあげられなかった・・想いが

お葬式を・・こだわったいいものにしようと働くのでしょう。


今日の場合も、そういう想いがひしひしと伝わってきました。

私たちの仕事は・・何でも受け入れることではなく

また、否定する事でもない。


出来る事、やっていい事、やらないほうがいい事・・など

全てを総合的に判断し・・擦りあわせをして

ベストな方法を提案し、最終的に良い結果を出す事。


大規には、どうしようもないほど困ったら・・出て行くから

と、最後まで・・・任せた。

が・・途中で・・二転三転と・・

お客様自身もまとまっていないようなので

いくつか提案し・・・なるほど・・と、納得いただいた。


結果は・・大規の頑張りも有って・・お客様の望む、素晴らしい

式典になったのでは・・と、思う。



ルーチンワークに入らない事と

いつもと違うやり方に、拒否反応をしない事

お客様が望む、最高の式典を提案できる能力。

さすがプロ!と、誉めていただける仕事をしよう。


今日の、大規は・・すごくいい勉強が出来た事と思う。


| 日記