2013年01月30日

葬式仏教


今日の都城は、とても暖かい

というか・・・昼過ぎて、暑いくらいですね。

天気も良くて、スッキリ青空が気持ちいい。(^_^)v

南よこいち会館での葬儀司会を終えて、先ほど本社に帰ってきました。



家族中心でのお葬式でしたが、多くの方々がお越し下さいました。

子供さんの居ないご夫婦の、奥様・・まだまだ若い亨年73歳

ギャラリーには、ご夫婦の趣味だったという登山の記念写真と

晩年になられてから、奥様が始めたという、墨絵の作品が並べてあります。


菩提寺である「攝護寺」の若いお坊様の、ご法話が素晴らしく

社員たちもみんな、聞き入ってしまった。

人間万事塞翁が馬 (じんかんばんじさいおうがうま)のお話は

大変、分かりやすく・・また、優しさに溢れたお話でした。


ご家族・・特にご主人の、じっと聞き入っておられる姿が

とても、印象的でした。

昨今、裸の王様のごとく 威張り散らす坊さんが多い中

礼儀正しく、若いのに、とても威厳のある方です。


そう言えば・・・先日の事・・名前は言えませんが

導師控室で「喪主が挨拶に来ない」と憤慨していたお坊様

悲しみに暮れる遺族を、慰めに行くのは、あなたの方でしょう。

と・・言いたいところですが

私たちが、そんな事を言おうものなら・・・さらに

火に油を注ぐようなものです。


そう言えば・・・こういうページが有りました。

「 高慢な僧侶は生き残れるか? 


これを読むと・・・そうそう・・と思う事が多い

特に、「 導師を務める僧侶の権威づけのため・・・」という文節

確かに、どこの地方にも有るようですね。



葬式仏教と言われ・・WiKiを見ると・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

葬式仏教(そうしき ぶっきょう)とは

本来の仏教の在り方から大きく隔たった
葬式の際にしか必要とされない現在の日本の形骸化した
仏教の姿を揶揄して表現したものである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


と・・解説しています。そう言えばそうですね・・・

日本人のほとんどは、仏教徒で有りながらも

正月や節目には、神社に行くし・・クリスマスも祝い

バレンタイデーも・・・

仏前結婚式・・有るには有るんでしょうが、見た事が有りません。


これは、お坊さん方が・・・威厳を求めるあまり

自分たちで、敷居を高くしてしまった結果だと思います。

何につけても作法だの、礼儀だの・・外に求めすぎて

お葬式や法事以外の場面では・・あまり会いたくない。

と言うより・・葬儀の場合は・・仕方がない。



いずれにせよ・・・

お寺の維持費を払い、お寺を支えているはずの、門徒信徒に対し

こういった高慢な態度が・・今後、さらに

ひどくなるようなら・・何か対策を見出さねば・・

と、思っています。


| 日記