2013年04月28日

事業と地域づくり


午後になり、全ての式典が無事に終了しましたが

フォローアップまでは、まだまだ仕事が残っています。

それにしても、今日は暑いですねーー

ホール内は、エアコンをガンガン効かせています。


新入社員も、少し動きが良くなってきましたので

先輩たちの負担も、今後少しは減る事でしょう。


さて、やらねばならない事が・・・いくつも残っています。

世間一般的には、ゴールデンウィークという事で

大型連休ですが・・・私には、と言うよりこの業界は

全く関係無いですねー


子供のいる社員は、出来るだけ休みを取らせて

家族サービスが出来るように、配慮してあげたいものです。


先日、とある組織の総会の中で

地域づくりに、中小企業の果たす役割は大きいと

テーブルミーティングを致しました。

日本全体の企業の、99.7%は中小企業です。


chushoKigyouZentai9wari_1.jpg


また、以前は零細と言っていた、小規模企業という分類も・・

田舎になると、こちらの形態の方が多くなりますが


chushoKigyouZentai9wari_2.jpg


いずれにしても、中小規模の事業所と、そこで働く人たちは

地域の中の、大多数を占めるわけで

地域づくりに関して、大きな存在となります。



地域のお祭りをしても、企業協賛や後援という形で

企業は地域発展のために、下支えしています。

また、そこで働く従業員も

地域のために活動している方が、大勢おられます。


しかし、そのためには会社の経営者が

その事に、十分理解を持っている事が大切です。


社員が、地域の祭りやPTA行事

消防団活動などに、熱意を持っていても

仕事優先・・と、出かける事を許可しない

そんな企業ばかりだと、地域活性化も上手くいかないですね。


地域の方々に支えられて、事業が成り立っている。

ほとんどの事業所が、そうだと思います。

そういう意味では、社員に支えられて、会社が成り立っている。

地域や社員に手厚い会社を作ること

ブランディング化にも、大切なテーマです。



| 日記