2011年09月16日

自分を鍛える


学生時代なら、先生が自分を鍛えてくれる事もあるが

社会人になったら、適応能力も含めて

自分で自分を鍛えるべきだと思う。

ダサイ自分が嫌なら、そうでない自分を造るべきだと・・・・。


しかし、それも・・・気づき・・・が無ければ行動出来ない。

どうしたら・・気づきの部分が敏感になれるんだろうか?

思いつく事は

どれだけ身の回りのことに敏感になっているか?

どれだけ多くの人と交流しているか?

どれだけ多くの知識を吸収しているか?


最終的には、知っている・・が、気づきにつながるのかも?

最近の自己採点表では・・面白い現象が出てきている

新聞や本に興味を持ち、読み吸収する努力を始めている。

これだけは、断言できる

読んでない人と、読む事をクセに出来た人とでは

将来・・いや、半年、一年後・・・大きな差が出てくる。


面倒だと思う事を、簡単に出来るようにする・・・コツ

それは

クセ(習慣)にしてしまう事。これに勝るものは無い。

最初は、面倒だなー・・と言いながら頑張る・・それでも良い。

それを、続けていくと・・・少しずつ負担が軽くなる。


スポーツだって、いきなりハードなレベルをこなすのはきつい。

マラソンにチャレンジしても、いきなり40Kmから始めないだろう。

少しずつ体や脳を慣らしていけばいいと思う。


課題を引き出し、やるべき事リストを作る。

優先順位を決めて、すぐに行動する。

出てきた結果を考察し、新たなリストを作る。

そういう行動も、気づきがないと・・・できない・・いや

やらない自分がいる。


という事で、疲れている時、パワーダウンした時ほど・・・

じっくりと、無音状態の中で本を読むようにしている。

最近、読んでいるのは・・・こちら

203054.jpg

著者は、リーダーの中のリーダーと呼ばれる「ジョン・C・マクスウェル」

そして、この本を監訳しているのは・・・今や誰でも知っている

ワタミグループ・・ワタミ(株)の会長:渡邉美樹氏

内容は難しすぎず、読みやすく・・・あらゆるポイントに

気づきを提供してくれる。


そして、もう20年以上も同じ本を、ボロボロになっては買い替えて

読み続けている「成功哲学」

ビジネス書の基本は、ここからスタートしているんだろうと思う。

が・・・一回読んだだけでは、意味すら分からない


2035569.jpg


いたるところに・・・マーカーで線を引いていくが

読み返すたびに、気づく場所が違ってきている事に・・気づく

(-_-)ウーム 

2030559.jpg

| 目標を達成する方法

2011年08月24日

自己啓発って?


今年度の事業計画書を書いていて・・・あたた・・午前3時になってしまった。

明日も午前・午後と葬儀司会をするので、早めに休みたいんだけど

書き始めると、止まらない。


そう言えば・・・最近

自己啓発系のメールが、頻繁に届くようになった。

こちらから頼んだわけでもないのに・・・送られて来る(ーー;)

メールアドレスは、どこから入手したんだろう?


ただ、この関連の書籍は今でもベストセラーになるし

仕事や恋愛で成功したいと、ほとんどの人が思っているので

一筋の光を追い求め・・・この手のプログラムが売れるんだろう。

不景気な時は、特によく売れるそうだ。


自己啓発プログラムは、書籍とCDとセットになっていて

毎日聞きながら、視覚的にも脳にインプットするために

文字を読む作業を繰り返す。

「私は成功する」と声に出して・・自分自身を洗脳する。


方法としては悪くないんだけど、なぜそういう方法なのか?

その意味もセットで理解しないと、思ったような効果が出ない時

がっかりして、それを止めてしまう事になってしまう。


気弱な性格でも、成功できるシステム・・それがSMI

ただ、自分自身を洗脳すると言う作業は、原理を知っていないと

長続きしないような気がする。

でも、100万円もするセットなので、元を取ろうと必死になるかも?


smi-meyer-bottom[1].jpg

自分を動かしているのは、思い込みと習慣だと思う。

同じような環境で生まれ、生活してきた人が同じビジネスを始めても

同じ結果にはならない。  なぜだろう?

自分を「私は〇〇な人間だ」と、思い込みと、それを長年続けてきた

習慣が、そういう行動をさせている。


例えば・・・「自分は人前で話すのが苦手だ」と思っている人は

人前でうまくしゃべれない。

でも、本当はそんな人間ではないのだが・・今まで

うまくしゃべれなかった経験が、証拠としてそれを確実なものにしている。


SMIというプログラムは、それを改造するためのプログラムだが

活かせる人は、半数にも満たない。

自分自身を支配しているのは、出来ない自分を証明する「証拠」を

持っている人たちである。

この話は長くなりそうなので、そろそろ寝よう。( ̄、 ̄@)zzz・・ねるよー


| 目標を達成する方法

2011年04月28日

チャレンジする事


大事manブラザーズバンドの「それが大事」という曲の歌詞・・・

リフレインの部分の

「 負けない事 投げ出さない事 逃げ出さない事 信じ抜く事

   涙見せてもいいよ それを忘れなければ  」


シンプルで当たり前なんだけど・・・元気にさせてくれる歌詞だと思う。


人は誰でも、行動の選択を繰り返しながら・・・人生を歩んでいるが

その選択の仕方で、その後の人生を大きく変えてしまうと思う。

どちらを選んでも同じ・・・という事はないのではないか


迷った時に・・どちらを選ぶのか? 三叉路でどちらに行くのか?

時には・・・もっと複雑な、五叉路や六叉路も有るかもしれない。


簡単な例だと・・自分の一日の行動だって、その繰り返し

朝・・・何時に起きるか?

昨夜遅かったから、あと30分寝ていよう・・・・と思うかもしれないし

寝坊したら大変だし、朝食もしっかり取りたいから早めに・・と

思うかもしれない。


大事な仕事も午前中に済ませられれば、午後からの空いた時間で

お得意様を、何件か回れるかもしれない。

でもアポも取ってないし、急に行っても迷惑になるかも?と思えば

行く事が出来ないし、行かなかった自分への言い訳にはなる。


このブログの中で、何回も書いているが・・・こういう行動や思考は

その人の「 傾向 」 クセである。

積極的な思考の人・・・すぐに行動する人・・・そういう傾向にある人


しかし・・・迷いが無いわけではなくて・・・決断が速いのだ。

迷った時に、プラスの方を選べる人・・たいていプラスの決断は・・・キツイ

だから、迷った時にキツイ方を選べる人なのだ。


チャレンジ・・・挑戦・・・楽な事なら挑戦とか言わないだろうと思うので

チャレンジ「挑戦」は、通常キツイ事だと思う。


何かにつけて・・・言い訳をしながら、簡単な道を選んでいるA君と

がんばろう・・と、言いながら、キツイ道を選んでいるB君がいる。


この2人の、将来の姿は・・・・夢を叶えているのはどっちだろうか?

もし・・同じと思う人がいたら・・・その人は

今までに大した決断をしてこなかった人・・または誰かのお蔭で生活している人

かもしれない。


違うはず・・と、答えた人は・・・どこが違うのか分かっているわけで


そこまで分かっているのに・・・

三叉路で迷ってしまい、楽な方の道を選んでいる自分がいる。

そして、それは・・・私が毎日・・「キツイなー」と思いながら

チャレンジしている事でもある。

| 目標を達成する方法

2011年04月05日

ひらめきについて


ひらめき・・・直感と同じように感じるけど・・ちょっとニュアンスが違うと思う。

第六感(sixth sense)とも、若干違うかな?

インスピレーション、勘、直感、霊感・・など・・似たような言葉は

たくさん有るけど・・・。


今回テーマにしたい「ひらめき」は・・気づきでもある。

あ!分かった!なるほど! ・・・ である。


神がかり的な・・霊感とは違う・・・もっと分かりやすい感覚。

そうでないと・・その事を利用しにくいから。

どんな事に利用するのかと言うと・・

出来ない事が、出来るようになるために・・・・「目標実現」のために・・。



ひらめくためには・・何が必要かと言うと

今までに蓄積された「経験や知識」なんだけど

ただ、脳の中では断片的に記憶されているので・・・

それらを、うまく結び付けて最良の答えを引き出せない。

脳の中に堆積した多くのパーツの中から・・・関連する物を結び付けて

ひとつのまとまった形で、答えやヒントを導き出す。


その道のプロは、雑多に詰まったパーツを・・即座に組み合わせ

完成形として、提供する事が早くて、的確であると思う。

依頼主が希望した事に対して、的確な答えが導き出せるし

一見・・無理難題と思われるような事にも

ウルトラC的な、逆転の発想が出来たりする。


見分を深める意味で、海外に行く事も必要で・・

一度も外国に行った事の無い人が、その事を語れないし

脳に蓄積されていないデータは、ひらめきの中に現れる事はない。

ただ、今はインターネットが有るので、そこそこ理解はできると思うけど。


という事は、脳に蓄えるデータを たっぷり蓄えた方がいい事になるし

その引き出し方や、利用の仕方にも 要領が有る。


この話は、やはり・・長くなるので・・・またの機会に
| 目標を達成する方法

2011年03月06日

成功者のマネはするなB


成功者の 現在の姿を見て・・・マネをしてはいけない。

たとえば、いい車に乗って、高級ブランドを身に着けている。

といった、外見上のマネが一番いけないという事は、誰でも分かるけど


実は現在の行動パターンも・・・マネてはいけないと思う。

ある人が、儲かってお金がたくさんある時は、贅沢を控え貯金をしろと

そして、金銭的にきつくなった時は、逆に欲しい物を手に入れろ。と

いう話しを聞いた事が有る。


どういう事かと言うと

儲かった時に贅沢をしていたら、その後のきつい時に対応できないから

出費を控えて、貯蓄しなさいと・・

欲しい物が買えなくても、儲かっていて・・心の中はプラスイメージで満たされている。

では、売り上げが減り・・きつくなった時はどうだろう

マイナスイメージがだんだん 広がってきて・・・行動パターンに陰りがでてしまう。

そんな時は、思い切って欲しい物を買ってしまえ・・という事だ。

なんと、無謀な・・・誰でも出費を控えるだろう・・と、思う。


ここが・・・実は、成功者の行動パターンなのだ

だから、誰にでも出来るわけじゃない・・。


核心部分を知らずに、外見だけマネしようとすると・・この大切な事を見落としてしまう。

一番いいのは、もし機会が有れば、ゆっくりと苦労話を聞きだす事かも知れない。

| 目標を達成する方法

2011年03月05日

成功者のマネはするなA


成功者のマネではなく・・・

成功者がどうやって起業し、現在に至っているのか?

その事を、聞く機会が有れば・・・じっくり聞いてみるのが

一番いい方法だと思う。


たぶん、地味でコツコツ積み上げてきた行動に、ビックリするかも。

このブログでも、何度か紹介している「鰍ネがやま」の永山ちゃんは

30年ほど前に、私がバイトしていた、ライブハウスの常連だった。


ただ、彼は遊びに牟田町に来ていたわけではない

乙房町に有る、現在の本店で作った「惣菜」を、牟田町のお店に

販売していたのだ。

早い時間に、出会うと・・・長靴とエプロン姿で、大きなケースに

ラップのかかった「から揚げ」などを、たくさん入れて運んでいた。


当然、その頃は本店だけで・・現在のような支店は、ひとつも無かった。

全部売り上げてから、息抜きにライブハウスに立ち寄り

仲間との会話を楽しんでいた。

回数は減ったが、今でもずっと付き合いは続いている。

  前回の記事 を読んでもらえれば彼が

どれほど凄いか分かると思う。


また、彼は昔の苦労話をしない、以前それは当たり前だ・・と、言っていた。

ここに、秘密が有ると思う「当たり前の基準」


この「当たり前の基準」がどれだけ高いか・・・

そういう事を、考えると「うちの100やって当たり前!」という考えもそうだ。


今度の仕事は、まあまあ良くできた・・とか、言っている人がいたが

プロなのに・・そんな事でもいいのか?と、思った事が有る。

よく出来たかどうかの評価は、料金を払って下さる「お客様」がするものだ。

自分は、まあまあだと思っていても、お客様は心の中で「2度と頼まない」と

思っているかも知れない。

「当たり前の基準」が、とても緩い会社は、伸びないと思う。


で、そのために・・・社員に檄を飛ばす経営者では、どうしようもない。

まず、自分である。

山本五十六元帥の話を思い出してほしい。

有名なので、誰でも知っていると思うけど・・

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」


昔の軍事教育を受けた、屈強な兵隊さん達でも・・このような指導でなければ

思うようには、ならないのだ。

| 目標を達成する方法

成功者のマネはするな@


よく聞く話に、成功者の行動パターンを真似ろ!という話し・・。

これって・・・そうかなー?? と、常々思っている。

私の知る、成功していると思われる人たちは

確かに、スケジュール管理もしっかりやって、積極的に行動している

しかし、よく考えてみたいのは

なぜ? どうやって? 成功したか・・・だと思う。

つまり、成功するまでに至るプロセス。


そこを、解明しないと・・・真実は見えてこない。

実は、知られざる真実が山ほど有って・・・でも、それは

あまりにも・・・地味なので、本人も話したがらない。

| 目標を達成する方法

2011年02月17日

ノウハウの伝達


ノウハウ:経験から習得し、蓄積された知識や技能


実は、これ以外に・・・一番大切な事が有るんだけど・・・

それは、さすがに「なんだこいつ」と思われるので・・・

ブログには書けません(≧ε≦)ププッ

気になる人は、メール下さい。


でも、その・・ワビサビを理解してもらう事が難しいと思う。

自分も聖人君子じゃないから・・くだらん事に怒ってみたり

嫌な奴には、それなりの態度で接してしまうし・・仕方がない。

その程度の自分が・・・伝達できる物があるのか?と聞かれると

ちと、恥ずかしい。(≧ε≦)プッ


ただ、長年・・仕事もイベントも、やってきた中で・・思う事は

ノウハウを伝達する難しさ・・自分では分かっていて

そこから先には、伝える事が出来たとしても・・

難しいのは・・その先だ 伝達するためのノウハウがそこに存在する。


これは、自分がリーダーを育て上げても、そのリーダーが・・

次の人を育てて行く事が出来るか?

組織の中で、一番難しいのでは?と思う。

学生時代にスポーツ部の キャプテンとかを経験した人なら

何となく、理解してくれるかもしれない。


頭だけで、物事を判断しようとするタイプは・・なかなか、難しいと思う。
| 目標を達成する方法

ノウハウを伝達する


リーダーづくりで、一番大変なのは・・・ノウハウの伝達だろうと思う。

これは、会社社長が引退し・・例えば息子さんへ引き継ぐ時にも

同じ事が言えると思う。


自分が創業者であった場合・・仕事を覚え、資金を調達し、店舗を構え

お客様に支持され・・・・経営を行う。

途中の様々なトラブルを乗り越えて、解決するたびに、ノウハウが蓄積され

現在に至っている・・と、するならば

その、長時間かかって作り上げた・・または学習したノウハウを・・いかに

勘違いさせずに、効率よく伝えられるか?


この部分は・・・

リーダー育成や後継者育成・・という書籍が売れ

セミナーも数多く開催されている事を見れば、大切で難しい・・という事がわかる。


いずれ、自分にも その時期がやって来るわけだけど・・・

自分は世襲にこだわっていないので、気持ち的には楽である。


負け続けているアメフトチームのオーナーが、一番強いチームを作ってくれ・・と

有名なコーチに、頼み込んだ。

そのコーチは、それでは負けず嫌いの選手だけを集めてくれ・・と申し出た。

テクニックだけでは、勝てない。負けることが一番嫌いなヤツだけだ。

精神的に弱い奴は、イザと言う時に使えない。


この事は、リーダーを育成する時にも、言えることで

仕事が上手いからという理由だけでは リーダーは決められない。

目標に対して執着心を持って、それを成し遂げるために工夫出来る人が

リーダーには求められる。

もちろん人に支持されない性格では、それ以前の問題だけど。


だから、ただ性格がいいだけでもダメなのである。

仏様のような人・・と、形容される人がいるけど

それが、事業の繁栄と比例するかは・・・どうだろうか?


個人経営で、自分たち家族が幸せならば・・それは、とてもいい事だけど

会社には、社員がいて・・家族を養い 生活している。

昨今の大不況や 就職難も有り・・その中で、ライバルと差別化を図る。

なので・・・・商売とは、利益を出し その利益を有効に使う。

家族を守り、社員を守り、地域に貢献する・・ギリギリの経営では

きれいごとも言えなくなってしまう。

この話も長くなりそうな気配だが・・・

| 目標を達成する方法

2011年02月06日

愚痴とプライド:補足


昨日の「仕事と愚痴とプライド」の記事

ちょっと、言葉足らずで勘違いされたかも?

なので、ちょっと補足します。


愚痴という事で考えてみる・・・辞書を引くと

「言ってもしかたがないことを言って嘆くこと。」と・・ある。


確かに、だから・・愚痴なんだけど

憂さ晴らしにはなるかも? 酒を飲んで大いに愚痴り倒す。

翌日に、スッキリしてたら・・・それはそれで、OKだと思う。

でも、愚痴は・・悪口が多かったりする・・ので

聞かれてはまずい人もいるので、場所柄をわきまえて・・。


私は「仕事に関しては・・」という前置きで

愚痴は言わない方が、いいと思っているが・・・

「あの時、こうしておけば良かったなー」もし、そう思ったなら

次回のために・・そうならない対処法を考えよう。

愚痴のお蔭で、ステップアップできる。

自分が会社のオーナーならば、尚更である。


それから、相手に対してキレる・・という態度やプライドの事を

考えてみると・・・

口のきき方も知らない、アホに・・直球勝負するな!という事だ。

年上に対して敬語も使えない奴や、態度の悪い奴 

人を傷つけるのを喜ぶ、根っからのワルがいるのも事実。


以前、お金目的で 非常識なクレームを付けられた事が有るが

仕事上のクレームに対して、こっちに非が有る場合は

当然・・平身低頭で、精一杯の誠意を見せるしかない。


でも非が無くても、キレる・怒鳴る・・・なんて態度は出来ない。

いくら、非常識な事を言われても、されても・・である。

理不尽だが・・それも、大切な仕事なんだから・・。

そのための「クレーム処理マニュアル」を作っている会社は多いし

法人なら、顧問弁護士を抱えているところも多い。

想定されるクレームは、事前に対処法を考えておきたい。



いずれにしても常識の無い人間と、まともな会話は出来ない。

そこを、上手に・・かわしなさい・・と言っているのだ。

ぶつかり合っても、相手を負かしても・・・何もいい事はない。

相手が・・そこで気づき反省し、謝ってくれればいいだろうけど

聞けば、残念だけど・・・そうでない場合が多いようだ。


しかし、自分が・・そういう人間にならないようにという

戒めにはなると思うので、いい勉強をさせてもらったと考えよう。
| 目標を達成する方法

2011年02月05日

仕事と愚痴とプライド


仕事と言うものを考えてみる。

最近、仕事に関する愚痴や悩み相談が多いなーと思う。


みんな、それぞれに理想が有って

それと、現在の状況とを比較し・・・ままならない時に

愚痴になったり、悩んでみたり


私は仕事に関しては、愚痴を言わない事にしている。

全く意味がない事と、ほぼ自分の責任だからだ。


例えば、頑張って資格を取ったのに 給料が安い・・と言う。

資格を取る、と言う行動は 仕事をするための手段であり

仕事ではない。

という事は、その資格を活かし・・仕事をさせてくれる

クライアントを自分で見つければ良い。

そうすれば、確実に給料は上がる。


また、仕事中のトラブルで 最も多いのは・・・

人間関係でのトラブル。 要するに・・相手にキレる。という行動。


これも、小さなプライドが・・そうさせている。

プライドが大きければ、キレる事もない。

ほとんどが・・・相手の口のきき方が気に入らない・・である。

困ったもんだ。こうして、自分の価値を落としていく。


後で、反省するようなら・・・

その時に、なぜキレたのか?思い出し、2度とそうならないように・・・

自分の中にルールを作る。

カチンときたら・・・一呼吸置く・・電話が来たフリをして、携帯を取る。

一旦、外に出て話すフリ・・・2〜3分後に帰ってきてから

「えーと、何でしたっけー?」と言ってみる。



相当いやな事を言われたら、即座に言い返さないで・・・

しばらく黙って相手の顔を見る。そして「ぷっ」と・・・軽く笑う。

その後「あのー鼻毛が・・・」と、指さし言ってみる。

確実に相手はひるむ。


そうは言っても・・・なかなか

カチンときた感情を 押し殺すのは難しい。

でも、得にならないのは分かっている。

心理学的に言えば、負けたくない感情なので、負けなければいい。

おあいこ・・でいいのだ。 勝敗が無ければ、ストレスも減る。


この話は、またゆっくり考えてみたい。
| 目標を達成する方法

2011年01月18日

それは・・何ですか?


自己啓発に積極的な、友人からメールが来ていた。


昨日のブログに

「必死にならなくても、簡単にクリアできる方法も有る。」

とか、書いちゃったもんだから・・・。

かと、言って 私が出来ている・・という、わけではないのだふらふら

頭では分かっているけど・・・の、レベルである。(ToT)ゞ スンマセン


ここで、なるほど!と、思える例を書いてみると

もの凄く苦労して、頑張らないと・達成しない・・と、思っているから

入り口で、というより入る前から、無理だろう・・・とか

ちょっとやってみたけど、結構大変だから・・現状でいいや!と諦める。

もし、そのパターンだと

きつく感じないようにすれば いいわけで

全ての、自己啓発の本にも書いてあると思うけど・・・クセにしてしまう。

きつい行動を、習慣化してしまう。


習慣化していると、他人から見ればハードな事も、本人には大したことない。

実は、凄い事をやっているんだけど、必死でやってるわけではない。

という自分を作ってしまえば、いいわけである。


えっがく〜(落胆した顔) と思われそうだけど

それしか・・今のところ、思いつかない。


それを、繰り返し繰り返し・・洗脳するのが

とても高額な自己実現の教材だったり どこかの企業の合宿だったり


簡単な例だと、今の時期 むちゃくちゃ寒い早朝

布団から出る事さえ辛いから、起きるために気合が必要だ。


でも、そんな日でも自転車で新聞を配っている高校生がいる。

彼が毎日、布団の中で自分自身と格闘しているだろうか?
| 目標を達成する方法

2011年01月17日

目標を達成する方法3


人生において、難関なのは・・・自らの目標を達成するという事

小さな目標から、一生をかけて取り組むものも・・・あると思う。


達成する方法・・とか、自己啓発関係の書籍は、山ほど出てるけど

読んだからって、目標は達成できない。  当たり前だけど・・・


変わらなきゃ、出来ない! 自分が・・・

今のままで、成功できる人は・・変わる必要が無い。

でも、決めた目標を達成できない人は、何らかの問題が有る。

目標が、自分のレベルを超えている。

または、なまけ癖がついてしまって動けない。・・・など

方法が、分からない・・という人は、単なる勉強不足だと思うけど

通常は、分かっていても・・・出来ないケースだと思う。


これは、あることに気づけば・・・・納得はする・・と思う。

それを、実行できるかは・・・その人次第だけど。

でも、必死にならなくても、簡単にクリアできる方法も有る。
| 目標を達成する方法

2011年01月16日

目標を達成する方法2


目標達成についての、記事を書いていたんだけど、忙しくなってしまって・・・


想像できる試練  想像できる目標  出来るかなー?どうだろう?

という、かなり・・・追いかければ見える物なのか・・・



前回、書いた事があるけど・・・橋を造る話し

突然、設計図は出来ないので、まず・・・設計者の頭の中に

こんな感じ??かな?  というレベルの、イメージが出来る。


それを煮詰めていって、試行錯誤の末・・・・図面が出来る。

でも、まだ・・完成ではない。 まだ、机上の空論と同じ。


具体的な裏付け・・・納得させられるだけの証拠が必要だ。

そこで、必要なのは・・・何を今まで、吸収して生きてきたか

経験値だと思う。 注:ゲームではない


目が覚めている時が・・・顕在能力なら    潜在能力は?

これは、出そうと意識しない時に・・ふっ・・と現れるアイデア


別名・・・ひらめき・・・と言う。


次回は、この「ひらめき」について・・・考えてみたいと思う。

| 目標を達成する方法

2011年01月15日

目標を達成する方法


目標とは? と聞かれて・・・出てくる答えは

今の自分の容量:キャパシティを超えることはない・・・。


先日のドラマ「 仁:JIN 」に出てきたが

「神は乗り越えられる試練しか与えない」という言葉

これも、同じことだと思う。


とても、越えられないような、試練は「想像を絶する・・」と

評される。これも、良く聞く話ではある。

想像できる・・・というところが・・・キャパシティだと思う。


では、目標とは、夢やお願いとは 違うもの

頑張れば・・・実現可能なもの

という意味で考えると、それを実現する方法も見えてくる。


もちろん、夢は見るものじゃない・・叶えるものだ!と思う人も・・・

叶えるための「法則」がある事に、気づいてほしい。


今は、色んなところで言われているから、知っている人も多いと思うが・・

| 目標を達成する方法