2011年02月22日

シャッター通りの活性化について


昨日の宮日新聞の 3面「客論」のコラムに

興味深い記事が、掲載されていた。「シャッター通りの処方箋」


何と言っても・・・この方の経歴がスゴイので 気になったんだけど

日南市生まれ、東大文学部卒、TBSプロデューサー、学習院大学非常勤講師

・・で、見た目が、スキンヘッドの・・サンプラザ中野っぽい

P1040202.jpg

中央通りがシャッター通りになる その原因は・・・と、聞かれれば

今までの考え方は、ほぼ全員・・・駐車場が整備されていない・・と答える。

もちろん、それだけではなくて・・魅力的なショッピングセンターに

お客を奪われているわけだけど・・・。


まず、既存の中央通り商店街は不便・・となる。

都城の例でも、大型SCが出来てから、商店街からお客が目に見えて減った。


郊外に大型の駐車場を備え、巨大なフロアに、様々な専門店が並んでいるので

カートを押しながら、ほぼ全ての欲しいものが手に入る。

そして、そのまま車に積み込んで・・・自宅まで。

大きな荷物を抱えて、買い物をする 今までのスタイルとは

比べ物にならないほど便利である。


では、魅力的な店が集まっていて、便利な駐車場が有れば・・

お客は帰ってくるのか?・・・しかし、現実には・・・

さらにお客は減り、採算の取れない店舗は撤退し、シャッターが目立つ。

行政も地域の商工会と、様々な国の施策を利用して、ハードの整備を続ける。

しかし、全国的にも 上手くいってる例は少ない。


不便と便利の違いを 見て行くと・・・やはり違いは、駐車場と思う。

が、今回の記事は・・全く逆転の発想をしている。

車中心の商店街を・・・車を排除する商店街に!という記事だ。

商店街の中から、車を・・所によっては自転車まで、排除しようというのだ。

どんな効果が有るか・・というと

子供や高齢者に安全な 買い物スペースとしての商店街だ。

そのエリアには、車が入れないので 事故の心配は皆無である。


確かに現在の商店街は、店舗と駐車場が隣り合わせで

小さな子供は危ないので、お母さんは子供の手を離す事は出来ない。

高齢者も、荷物を持っておちおち歩いていられない。


買い物ゾーンと、駐車ゾーンを切り離した考え方は

確かに今までも有ったが・・・車を完全にシャットアウトする・・という

ところまでは、徹底できなかった。

というより、様々な地権者が混在する地域の 区画割りは容易ではないので

実現不可能と、計画すらされなかったのだろうと思う。


このまま商店街が無くなって、完全に空洞化が進めば

町の中心部は寂れれいて、端っこが盛隆している

しかし、中心部の地価は・・今なお高い・・・

固定資産評価は、相変わらず高いので

税負担は、不便な場所にも関わらず高いという・・・

分けのわからん現象が起こっている。

これでは、住む人さえいなくなってしまう。


現実には、中心部に住んでいる人は・・かなり少なくて

ドーナツ化現象により、ベッドタウンに多くの人は住んでいる。

そして、さらに地価評価の低い地域がベッドタウンになり

さらに、税負担の少ない地域へと・・・新築住宅地が広がっている。


これも・・多少の距離は何でもない・・便利な車を誰でも持っている。

そこの人口増に目を付けた・・食品スーパーや病院が出来る。

そこに今度は、イオンなどの大型SCが出来ると・・一変、便利な場所となる。


中心市街地に活気を取り戻すには、そこに住んでる人たち

お店の経営者「地権者」が

利己主義を排除し、この場所を何とかしたいと・・・熱望し

みんなで団結して、取り組むしかない。


みんなで、土地の有効活用を話し合い・・区画割りを実施し

今まで有った 都城大丸のような核店舗を中心に据えて、再開発を進める。


現実には、集客イベントの開催にさえも、眉をひそめて

開催に批判的な、お店のオーナー達が居る限り、かなり難しいだろう。


実際の例でも、店舗の移動は・・・してもいいけど・・

保証金はいくらだ?そんな金額じゃ?・・と、相変わらず利己的である。

これじゃ、やる気のある行政マンや商工会担当者も・・パワーを削がれる。

やはり・・・とんでもない カリスマ的なリーダーが必要だ。

商店街をまとめ、人の気持ちをまとめ、ぐいぐい引っ張っていくリーダーが。

| 活性化について

2011年02月09日

コミュニケーション能力A


昨日の続き・・・です。

一気に書かないと、続かない気がして・・・。

でも、早速・・知り合いから「その話興味あります」とメールが来て・・

関心高いですね。


で、なぜ・・青年団の話をしたかと言うと、若者たちの

コミュニケーションを取るための手段が、消えて行ってる。


青年団でなくても 他にたくさん有ると思うが・・・どうだろう?

仕事が終わってから、友達と飲みに行ったり・・サークルに参加したり

日曜日には仲間たちと、ドライブやスポーツに・・・という、人が

いったい・・どのくらいいるのか?


もちろん、人付き合いは、社内でも毎日やってるんだけど

それとは・・ちょっと・・意味合いが違う部分の話である。

会社以外の人と、会う事の少ない職場も多いしね。


仕事が終わってから、または休みの日に・・・人と会っているか?

最近の傾向として「1人で過ごす」という人が多いという。


やはり、アンケートでも、1人が気楽・・と、多くが書いている。

ネットやゲーム、DVDなど・・・今はハードディスクレコーダーで

長時間番組もハイビジョンで残せるので、OFFでの楽しみも多い。


また人と会う事は、楽しい事も多い反面・・面倒な事も多い

楽しい人ばかりじゃなく・・非常識な人も・・中には居ると思うし

人から、傷つけられたり 嫌な思いをしたり・・そんな事には免疫が無い

若者たちの中には、社交辞令が面倒・・と言う人もいる。

挨拶が苦手・・お礼を言うのが面倒・・などなど  

うーん(・_・;)  でも、まず・・そこからだろー・・と・・思うが


昔・・ネットも何も無かった頃は

テレビを見るか、読書をするか、ドライブするか・・趣味に没頭するか

でも当時の、青年団が活発だったころは、地域の青年団長がやってきて

「おーい、一緒に活動しないか?」と、お誘いに来ていた。

青年団はちゃんと、自治体に認められた団体なので・・活動費も出る。


そして拡大活動といい「新メンバー募集」を常にやっていたのだ。

当然、町内の若者リスト・・なる物を持っていて

「次は〇〇を説得しようぜ」てな具合に・・相談し やってくる。

最初は面倒だなーと思っていても

「仕方ないか・・」と、入団するケースも多かったらしい。


で、入ってみると・・これが、なかなか楽しい。

最初は、自己紹介もオドオドしながら、口ごもっていたのが

数か月もすると、真っ先に動いている。


活動費を自治体からもらうためには、年数回の活動が

義務付けられているので、軽トラックと軍手で、清掃美化活動や

スポーツ大会、勉強会などなど

ボランティア活動は、やり始めると・・仲間との連帯感が楽しい。

そして地域の方々に感謝され・・心までも綺麗になって行く (^o^)ハイ

気がする。 (◎-◎)ハッ


そして打ち上げで・・飲み会になり・・・一気に仲良し度がアップする。

当然、意気の合ったカップルが誕生する。仕組み(◎-◎)ホー


では・・なぜ?消えてしまったんだろう

ライフスタイルが変わり、それと共に価値観も変わったという事だと思う。


大型商業施設、アミューズメント、ゲームセンター、ネットカフェ

パソコン、携帯電話、プレステやWiiなどの家庭用ゲーム機の普及・・・

仲間と群れなくても、楽しめる物が・・・たくさん出てきた・・

最初の任天堂のファミコンが出てから、すでに30年経っている。

公園から子供の姿が消えた・・と言う、ニュースも有ったほど


それに比べ・・人と付き合うには・・ 当たり前だけど

挨拶に始まる、いくつかの会話という「プロセス」を・・

お互いに、気持ちよく・・・進行しなければならない。

元々、友人であれば・・考えるほど、面倒な事ではないが・・

これが、初対面となると・・どうだろう

ちょっと お堅い肩書きの人だったら、どうだろう


またまた、長くなりそうなので・・・次回に・・つづく

次回は・・自分なりの・・方法と言うか

こんな感じで、コミュニケーションを取れば、いいんじゃないか?

と、思いつくまま・・書いてみたいと思う。

| 活性化について

2011年02月08日

コミュニケーション能力


「コミュニケーション能力UP講座・受講生募集」

というタイトルの・・メールが・・・

人とコミュニケーションできる・・というのは、能力なのか?

毎日、普通に、みんなやってるだろう!

ふーん・・と思いながら、メルマガを開いてみる。


最近、始まった事ではないかも・・だけど・・・

コミュニケーション能力を鍛えるための「講座や研修」が有るとの事。

それも、有料! 結構お高い受講料 1ヶ月で 34.000円


確かに、人と接する事で行動を起こし、生きているのが現実なので

いい関係を作る上でも、大切な行動ではある。


でも、能力と言うほどのものか? と、友人に聞いてみると

「あんたほど、気楽に色んな人と話せる人が羨ましいわ!」と、言われてしまった。

あーーーそうですかっ! (`(エ)´)ノ_彡コラー

これでも、色々気を使ったり・・・・・たまにだけど、してるんですが・・



先日の記事にも書いたけど・・・周りの人たちと、良好な関係を保つ・・

というのは、結構大変な事だし・・また、口下手でコミュニケーションが

取れない・・と言う人も、昔より増えているらしい。

確かに、仕事が終わったら・・・もうOFFで

面倒な人付き合いをしなくても、とりあえず生活には困らない。


時間つぶしは、ネットでもゲームでも DVDでも・・何でも有りの時代だ。

なぜ、現代人は・・・そうなったの?

昔から、口下手な人は・・居たとは思うが・・今ほどではない。


そこらを・・掘り下げて考えて行くと、なかなか興味深い事が分かる。

ちょー大昔・・ほどではない・・昭和30年くらいから、活発になってきたのが

「 青年団 」・・どこの町にも有った。・・・と、過去形

今、どのくらい残っているんだろうか? 大きな町ほど・・早く消えた。


青年団は、その町の若者の「コミュニケーションの手段」だった。

今みたいに、一人遊びが出来ない時代・・・・・。

だから、良かったんだろうと・・思うが・・・。


村や町の若者たちが 集まって、やる事と言えば・・飲み会や、今で言う合コン

その仲間内で・・カップルがたくさん出来て、結婚して・・・。

そのうちに、何か出来る事が無いか?・・と、町おこしに取り組み始め

青年団主催の様々なイベントが活性化する。

それを、聞きつけた他の町の青年団に 飛び火して・・一時期は、活気が有った。

と、ここでも、過去形。


この話は、長くなりそうなので・・・読みにくいため

次回へと・・・分割してアップする所存でございます。(◎-◎)スマン
| 活性化について

2011年02月03日

講演会:日南市酒谷編


ふむふむ・・・以前の講演会の事を思い出してたら

結構、面白いところも・・・参考になる所もたくさんあった。


100ヶ所くらい行ってると思うけど、日南市の酒谷集落からも

お呼ばれして行った事がある。


ご存知のように、小さな地域なんだけど、町興しに一生懸命な所だ。

観光地化している坂元棚田は・・今も多くの観光客が来ているし

酒谷ダムの鯉のぼりも・・・はじめて見た時はビックリした。


酒谷地区公民館で 県主催の講演会は開催された。

夕方、6時くらいからだったと思うけど、100人ほどが入れる立派な公民館

・・・開演前は、まばらだったが、始まる頃には、地域の方々が

次から次に農作業姿で駆けつけ・・・玄関で着替えている。

この姿を見たときに、この地区は、凄い!! と、思った。


依頼された演題は「地域活性化」  そのまんま・・

すでに、一生懸命にやってるところだけに・・・・難しい


だって、川沿いの700人ほどの集落

飫肥に行くにも、若干距離があるし、端っこの地域である事に間違いはない。

だけど、逆転の発想で 地域興しに燃えている人たちがいる。

これは泊まりでもいいから、講演会ではなくて・・・飲み会にして欲しかった。


たった、2時間の中で・・何を感じ取れるのか? 何を訴える事が出来るのか?

酒谷集落の方々は、田舎の良さとも言うべき・・良い方ばかりであった。

農作業で毎日 忙しい中でも・・

鯉のぼりを集めて廻り ダムにワイヤーを張って・・・鯉のぼりを吊るす。


民俗学者「柳田國男」さんの「美しい村から」を 思い出す。

そこが発展するのは・・そこに住む人たちが、願うから出来るのである。

講演に行ったのに・・逆に・・・酒谷の方々に 教えられた一日であった。
| 活性化について

2011年02月02日

昨日の続きを・・・


そう言えば、昨日、講演会の事を書いてて、ふと思い出した。

いろんな所に、行ってるけど・・・仕事の合間に行くので

事前準備や、データのインプットが出来ずに伺うことも・・


ある時、高鍋町の「ルピナスパーク」に呼ばれて行った時の事

仕事が忙しくて、ギリギリに着いた。

担当の職員さんが、よっぽど心配したのか?駐車場で待っていた

事前の準備もなく、開演ギリギリに着いたので、お茶を飲む間もなく

「参加者が揃っていて、全員待っています」との事

「分かりました、すぐに始めます」と、会議室のドアを開けて驚いた。


全員、高齢者の方々だった。

「えっ?!」  今までにないパターンだった。

そう言えば、生涯学習の生徒さん達の依頼と書いてあったが

まさか・・・である。

こ、困ったΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン



今までは、地域のリーダー作りの話が中心だったので

生涯学習を通じて、地域興しをする方法・・など、話す予定だった。


考えてても、仕方がないので・・・・今まで何をやってきて、その結果が

どうなったのか・・・などを、話しながら

「生きがい」について、決断力と行動、結果について話していると

前の席に座っていた、ばあちゃんが突然立ち上がり、こちらへ歩いてきた。


ぉお!!(゚ロ゚屮)屮 な、なんじゃ?? 話中なんですがーーー

すると「ほら!」と言いながら・・・ポケットから「アメ」を取り出した。

あ、あのー話中なんですがーー

あ、受け取れ・・と言うことか! 「ありがとうございます」と受け取ったが

まさか、食うわけにもいかず・・・机の上に置いて、講演を続けたけど


いやーーーこの日の講演は 冷や汗が出た。

反応が・・・分からん。

担当者に「どんな人たちですか?」と、聞いとけば良かった・・悔やまれる。

講演が終わって、質問コーナーになった・・・そしたら

質問攻めにあってしまった。 結構、素直に聞いてくれてたみたい。


全てが終わって、雑談してたら・・・一人の紳士が近づいてきて

「あのー、慣習という説明のところの・・・慣という文字が 貫になってましたよ」

「りっしんべんを書き忘れてましたよ・・・・」

あちゃーーーそ、そうでしたか? ・・・さすがに、焦ってた・・とは言いにくかった。

しっかり聞いてくれていたし、見てくれていた。


高齢者の方々から見たら 孫みたいに見えたのか?

終わった後も、みんなが アメやお菓子や飲み物を持ってきてくれて・・・

なんとも不思議な講演会だった。


今だったら、もっとちゃんと話が出来るのになーーと・・・当時の事を思い出した。

| 活性化について

2011年02月01日

リーダーとは?


むかーーーーーし、むかし・・・ブログなど無い頃

ホームページを持っていて

そこに「リーダーの条件」というタイトルの記事を書いていた。

かなり、長文だったが、読んでいる人は多かったようで

それが縁で、講演依頼も多かった。


南は「宮崎県南郷町文化会館」 北は「大分県 竹田市」

色んな所から、月1くらいのペースで依頼が来ていたと思う。

ほとんど、行政主催だったけど、たまに商工会や町おこしグループから


基本的に原稿を準備しないので

現地へ行って 観客の雰囲気を見て、話す内容を決めていた。

講演タイトルは、ほとんどが「町の活性化について」とか

「リーダーになるために」など

そう言えば、日本郵政九州支社から依頼が来た事も有る

九州支社本部は熊本に有るんだけど、支局長などお偉いさんの前で2時間・・


この時は、郵政民営化がスタートする時で

リーダーは何をしなければいけないのか?というタイトルで講演依頼が来た。

今までの、公務員っぽいやり方では、国民に理解が得られないので

商業者感覚と・・大切なリーダーの条件を!と・・・いう事だった。

無理難題・・のような、気がしたが・・・ 面白そうだったので引き受けた。


事の発端は、たまたまFM宮崎のポッキーの番組で 

約1時間 面白トークを連発していて

それを たまたま聞いていた郵政の講演会担当者が

ピーンと来た・・という話であった。


番組では何を話したか・・良く覚えて無かったけど・・・

たぶん、町おこしイベントの話だったと思う。

当時は、ポッキーやTディレクターにも協力してもらって

高崎、小林、日南とイベントを組み立てて、やってきたので

その日の番組も、その話で盛り上がっていた。


日南の「かんぽの宿」が会場だったけど・・これで宿?と言うほど

でかくて、立派な建物・・・こりゃ文化ホールだろう。

西武ライオンズが、キャンプの時に日南プリンスホテルと併用で

利用するんだと思うけど、いたるところに、ライオンズのポスターが・・・


夕方からの講演で、終了後は懇親会・・・当然、宿ってくらいだから・・

高級な部屋が用意してあり・・

おまけに、いいもの食べて、温泉に入って、ギャラ貰って・・

申し訳ないくらいの、高待遇でございました。


講演の方は、郵政の職員さんが多数見えられ、会場は超満員。

2時間と言う、持ち時間・・と言っても、講演者は自分だけだったけど

郵政の職員さんの、熱い視線を感じながら・・・

ホワイトボードに書きながら、あっという間の2時間でした。


一番、言いたかったのは・・・組織はリーダー次第だという事。

リーダー・・・・・・普通の会社なら 「社長次第」

社長が、社内会議の席で

「おまえら!もっと頑張らんかい!」と、言ってるようだと

間違いなく・・・事業はフェードアウトする。または、潰れる。

だから関連性の無い多角経営や、社長が口出しだけする会社は・・ダメになって行く。

要するに・・・・本体自体も、徐々にダメになって行くという事だ。


そういう話を・・・郵政のお偉いさんたちは・・どんな気持ちで聞いていたんだろう?

懇親会では、みんなが名刺交換や お酌で来てくれたから、結果オーライか?

| 活性化について