2012年11月06日

家族葬の事


この仕事をしていると、葬儀に関する質問が多い

先日も飲み会の席で、同じような事を聞かれたのですが・・

「家族葬」について

こうしなければいけない・・という決まり事がない

というのも、分かりにくくしている原因かも?


最近の・・と言っても・・もう10年以上になると思いますが

「家族葬」・・・ブームと言ってもいいくらいの勢いで

ご希望されるご家族が、増えてきたように思います。


これは少子高齢化、核家族化、地域コミュニティの希薄化などの

時代の流れの中で、必然的に出てきたもので

ニーズが有るから、私たちも応える義務が有ります。


1.jpg


しかし・・・家族だけで他人を入れない葬儀=家族葬

という狭い意味だけで考えると・・・うまくいかない。

家族のみでも問題の無い家庭と、そうでない家庭があります。

そこをきっちりしてから、先に進まないとトラブルの元になります。


これは、長年この仕事をやってきたから分かる事で

最近参入した業者の中には、理解できないところも。

だから、家族葬=手間のかからない簡単な葬儀・・・と

変な勘違いを、世の中に広めてしまう結果に・・。



大切な親を送る時に

手間のかからない簡単な方法、という選択肢だけで

選ぶとすれば

もう一度・・親というものについて考えた方がいい。

ただ、ほとんど縁の無かった親せきを送らねばならない方も

中には・・いらっしゃる事も事実ですが・・・。


普通のお葬式も、家族葬も・・・形態は同じです。

同じように手間はかかります。

違うのは、そこに「お客様」が居るか居ないかという事で

お客様が居るから、悲しみに没頭できない・・と

誤った情報を発信した葬儀業者は、責任が有ります。

お客様がいない時間の方が、圧倒的に長い訳ですから。


han0200-004のコピー.jpg


もし私なら、親の葬儀の時は、友人知人に来て頂き

想い出を語って、別れを惜しんで頂きたいと思う。

その事で、私を含め家族に手間がかかるとは考えにくいし

会館で、お通夜と葬儀を行うのなら、当社の例で考えれば

肉体的な疲労も、かなり軽減できると思います。


故人の知り合いでもなく

家族も見た事も無い人が来る・・と言うのは論外ですが

家族葬を希望する方々の本音は

もっと違うところに有ると思います。


ものすごく大変な思いをするのが「お葬式」

だから・・楽が出来る「家族葬」がベストです。

というイメージを植え付ける広告を、湯水のように流す。

消費者は「お葬式は面倒で大変な儀式」という印象を持ちます。


亡くなられたら、医師の診断が必要で・・・その後

自宅か会館へ移動し、棺に納める必要が有り

宗教者を呼ぶ場合は、同じように手続きをしないといけない。

家族葬だからと言って・・変わりはありません。

ただ、そのほとんどは業者が代行にて行いますが・・・。



違うのは、ここからで・・・家族葬なら

家族親族以外の人は、ご遠慮願う・・という事。


職場や地域の方々にも、事前にそれを伝えなければ

思いがけず、知人間で連絡が飛び交い・・・

故人の交友関係によっては、大勢の方々がお悔やみに来られる。

過去の例では、事前に家族で話し合い、知人や職場にも連絡し

とても温かいお葬式を、ほとんど家族だけで行った例もある。


そういった事例も有ったし

誰にも知らせずに、葬儀は家族だけで出来たものの

葬儀後に、亡くなられた事を知った方々が、自宅に来られて

しばらくは留守も出来なかった、という事例も実際に有った。


やはり、故人や喪主の社会的な立場によっても、大きく変わるし

故人が生前、人様に尽くした人や 人付き合いが良かった人なら

よっぽどの事情が無い限り、通常通りの方が後のトラブルは無い。


実際の例では、積極的に知らせたりしないけど

家族+親せき+親しい友人が中心で

それ以外への告知は、新聞の告別式欄を利用する。

対外的な告知は、それくらいでもいいかな?と思う。

そういう流れの中で、生前にご縁が有って

訃報を知った方が、お別れに来て下さるなら、ありがたいと思う。


ただ・・受け入れる事が出来ずに、お葬式すらやりたくないほど

悲しみで打ちひしがれ・・しばらくは何も考えられない・・。


そういうご家族も今まで見てきたので、一概に言えない事も・・。

葬儀の段取りしか出来ない葬儀社は、今後は淘汰されるし

グリーフケアがしっかり出来るところは、社員の質が上がり

口コミによって、長年に渡って支持される事と思う。


| 家族葬について

2012年07月18日

メール相談の件


昨日のメール相談の件で、返信が来ました。

他にも似たような事で、悩んでいる人が

居るかもしれないから・・と

例として出していいよ。という事です。


父親から、自分の葬儀の時は「家族葬」でやって欲しい

と、言われたそうですが

お父さんは、結構人付き合いも多く、地区役員もした人でした。

今は、現役を退いていますが・・・いまだに年賀状も多いとか・・。


本当の理由は・・・

残る家族・・子供たちの負担を、心配しているようです。

こういう場合はどうしたら?

他にも色々と有りましたが、基本的にこういう質問でした。


家族が「送ってあげたい形」が最良だろうと思いますが

お父さんの気持ちも、汲んであげたいところです。


「家族葬」というのは、お客様をどう扱うか?という事で

その他の部分は、一般的な葬儀とほとんど変わりません。


ちょっと面倒ですが、来て頂きたい人に事情を説明し

それ以外に通知を回さないように、配慮して頂きますが

対外的に有名な方だと、いつの間にか連絡が駆け巡り

予想を上回る方々が見えられる事が有ります。


ただ、お父さんを慕っていた方や、家族の知らない友人など

最後のお別れに行きたい・・・という方々の気持ちを

大切にした方が、残された遺族にも、いい事だと思います。


くれぐれも注意したい事は

面倒だから・・と、誰にも知らせず

家族のみで隠密に葬儀をしてしまうのは・・

特別な事情が有る場合を除いて、避けた方が無難です。

後々・・トラブルの元になる事例が、多いようです。



付き合いの、とても多い故人だけど

どうしても家族だけで、ゆっくり送りたいと言う場合・・。

数日後「お別れの会」を執り行う・・という例もあります。


長くなりますので、詳しい事は・・・お気軽にお尋ねください。


そう言えば・・以前、こんな素敵な家族葬がありました


| 家族葬について

2012年07月17日

メール相談


先ほど、メールチェックしたら

とある知人から、相談メールが・・・・。

家族葬の事について、以前から聞いてみたいと

思っていたところに、家族葬の事を書いていたので・・・と・・。


電話や直接聞きにくい事は、メールでも大丈夫。

分からなくて不安に思っていた事が、少しでも楽になれば。


さすがに、ブログに相談の内容は書けないけど

専門業者にしてみれば・・・そうかー・・と思うような事

失礼とは思うが・・

難しくない事も、聞いてみなければ分からない事も有る。


これで、少しは楽になってくれるかな?


| 家族葬について

家族葬2012


ここ最近、思うことが有る

それは「家族葬」という・・・葬儀の形

どうしても・・・違和感が残る事が多い。


最近は「家族葬」というキーワードがないと

お客様が振り向いてくれない・・と

どこの葬儀社も「家族葬」と銘打っている。

ま・・うちもそうだけど・・(゜O゜)\(--; ォィォィ


聞くところによると、どこかのフランチャイズの葬儀社が

シェア奪回のために、作り上げた「造語」らしいが

特別、定義らしいものは・・ない。


家族中心の、お客様を呼ばない形式の葬儀・・かと思えば

親しい友達は呼んでいるとか・・・。

どこまでが故人と親しかったのか?

その判断は、残された家族に委ねられる。

では、声の掛からなかったお友達は・・・寂しい事だろう。


古い・・と言われそうだが

何十年も、葬儀の仕事に関わってきて・・・

また、昔のように普通の姿に戻らないものか?と思う時が有る。


家族はもちろんだけど・・・

地域の中で、地域の方々と長い年月を過ごし

その場所で様々な歴史を刻んできたはずで

昔は、縁有る地域の方々も参列するのが普通だった。


ところが今は、葬儀を主催する家族が

来る人を限定してしまうので、行くに行けないという現状。

それって・・・利点が多いから選んでいるのか・・・。


「家族葬」という言葉を使い、広めた葬儀社は

他人が来ると、お別れに集中できない

挨拶に追われて、疲れてしまう・・などの理由を挙げていた。

家族葬という形態が流行り始めた頃は、そんな気がしていたけど



果たして・・・

疲れるほど弔問客の来る家庭が・・・実際にはどのくらい有るのか?

それに、家族がお別れに集中できない・・というのは

葬儀社の段取りミスだと思う。実際はそんな事はない。


今は、ほとんどが会館での葬儀なので

昔に比べ、ずいぶん楽になっている。

多少は、わずらわしく感じる事も有るかも知れないが

お客様にお礼を言うくらいで、疲れきってしまうかな?


もし、亡くなったのが自分の親だったら・・・

子供の努めとして、精一杯お礼を述べる覚悟は有る。


最近、特に多くなった本当の理由は

もっと、別なところに有るような気がする。


| 家族葬について

2010年12月09日

家族葬のことで


年齢的にも、気になるのか?会う人会う人

葬儀の事で、いろいろ聞かれる。

まあ、自分の友人の世代が、そういう世代だから

それに、私の職業を知っているし


それで、先日も同じような質問が・・・

「家族だけでやるんだから、安くなるよね」

「家族葬」=「低価格葬」と・・理解しているようだ。

いけないのは、葬儀社のCMにあると思う。


チラシに、いくつかのセット料金を掲載し

その中に「家族葬パック」〇〇万円・・と

セット内で一番安い料金を提示している。

これでは、消費者が低価格の葬儀=家族葬と

思われるのは当たり前である。


当社でも「家族葬」という提示はしているが

=低価格に設定はしていない。

「家族葬」は・・・料金ではなく、お客様を

どう扱うか?という、葬儀の形態なのだ。


当然、お客様を招かずに、家族だけで行うので

お返しや接待などの経費がかからず・・結果的に

お客様を招いた時よりも、安くなる。


しかし総額いくらかかるか?ではなく自前でいくら払うか?

という話になると、ちょっと事情が変わってくる。

ブログには詳しい事が書けないが

葬儀には「香典収入」というものがある。


その平均額は、お客様一人にかかる接待やお返しの費用と

ほぼ同額である。

接待にあまり費用をかけない「都城地区」の場合は

香典収入の方が、経費を上回る事が多い。

と、なると

お客様を招かない葬儀=家族葬・・が

金銭的負担の少ない葬儀とは、言えなくなる。


金銭的と・・あえて、書いたのは

葬儀を執り行うにあたり「精神的な負担」これが

一番大きいのではないかと思う。

この話は、また次回に書いてみたいと思う。
| 家族葬について

2010年09月08日

家族葬セミナーの事

l4YY9XSj.jpg

先日、南よこいち会館で開催した

人形供養祭と家族葬セミナーでの事

感じたことなどを、まとめておこうと思う。


数回にわたって、行う予定だったので

簡単なテキストを準備して、ご近所のみ告知したんだけど

予想よりも、かなり多くの方々にお越しいただいた。


中には、同業者の偵察かな?と思える人もいたけど

オブラートに包むことは、何も無いし

知られて困るほどの、内容でもないので フルオープンです。


熱心な方が多く、各社を相談して回っている方もおられた

最後に、アンケートをお願いしたら、全員が書いて下さって

そこに、興味深い事柄が書いてあった。


葬儀社の過剰な宣伝の、悪影響だろうと思う。

最近は昔より「タブー視」されなくなった・・・・とはいえ

やはり、人の死に関する仕事

頻繁に「安いよ!安いよ!」の告知には、うんざりしているようだ。


「家族葬=低価格」の葬儀を、全てのお客様が求めているわけでない。

家族葬は、高失業率、就職難、経済不況などの金銭的理由から

発生した「葬儀スタイル」では無い!という事が

分かっていない業者さんが、おられる事が原因である。


要するに、お金に困っているから、仕方なく「家族葬」に・・・

という流れで、おこってきたスタイルでは無い。

そこを勘違いして 

チラシなどで、大見出し「家族葬パック 一式:〇〇万円!」

スーパーの大安売りじゃない・・・・って

お客様が求めているのは、もっと違うものである事が

今回のアンケートでも、明らかになった。

これは、お客様の本音の部分が聞けて、大変勉強になった。


この部分を勘違いしたままであると、この葬儀業界の

様々な部分を壊していくんだろうと思う。

業界全体が、何十年も努力し、最近は僅かながら向上してきた

葬儀社、そこで働く社員に対する見方。

アドバイザーとして、お客様から

ありがとう・・と言っていただける社員の誇り。

以前、お客様から頂いたお手紙があるので、読んで頂きたい。

でも昔は、自分の父親の職業を

学校では言わない子供もいたと聞く


遺体を奪い合うような葬儀社が出てきたら・・・・

他社の悪口を言い、自社で受注するような葬儀社が出てきたら・・・

この業種への偏見が、再燃するかも知れない。

まだまだ、何十年と営業していかねばならないのに

将来を見据えた、事業を継続しなければ

いずれ息切れするだろう。
| 家族葬について

2010年08月18日

人形供養と家族葬セミナー

kuyou1.jpg

今月、29日(日)午前10時より

口蹄疫のために、開催が遅れていた

「第3回人形供養祭」と「家族葬セミナー」

終息宣言が27日に、でるはず・・・との予測の元

開催することにしました。


最初は6月20日に、南よこいち会館の落成式と同時に

行う予定だったけど、さすがに口蹄疫の「非常事態宣言」の

まっただ中、知事も人が集うイベントの「自粛」を

お願いしていた最中に、開催はできなかった。


今回、みなさんから頂いた供養費は、全額「義援金」として

寄付することにしました。


詳しくは、ホームページを見ていただきたいと思います。

家族葬セミナーは、最近特に相談件数が、増えているので

相談に来にくい方も、気軽に来れるように工夫してみました。


と言っても最近は「葬儀をダブー視」する人は、減りましたね。

当社も、かなり正確な見積書を、お渡ししますので

安心感が有るのでしょう。


家族葬・・・前にも、このブログで書いたけど

どこかの葬祭業者が作った「造語」

作って、使うのは構わないけど・・・

その意味も、しっかり記述しないと・・・トラブルの元だ。

最近でも「家族葬で・・」と希望されたので、施行したが

通夜の晩から、納得しない親戚の説得に追われている。


そういう事も有って、今回はテーマを「家族葬を知ろう」と

題して、約1時間のセミナーを開催します。

講師は私が務めますので、現在、資料作りに追われています。

専門用語を減らし、地域の慣習を考慮し、分かりやすく・・・

貴重な時間を有効に、進めさせていただきます。
| 家族葬について

2010年07月24日

家族葬のこと(再考)


時代の変化の中で

この「お葬式」に関わる業界は、多少の小道具が進化するくらい。


でも実際に行う現場では・・・大きな変化が・・・・・。

「家族葬」という・・・キーワード

今まで何度か、この意味について考えてきた。


家族だけで、大切な人とのお別れを、ゆっくりしたい

そういう意味では、有意義な選択で・・・満足する事と思う。


しかし、デメリットを十分認識して欲しいこともある。

お葬式が終わってから

「何で、教えてくれなかったの?」と親しかった人から嘆かれたり

故人の兄弟から、そんな可愛そうなお葬式を・・と責められたり

後で知った方々の、昼夜を問わない弔問で疲れてしまったり


と、良いところ・・・悪いところ・・・

十分認識した上で、決めて欲しいと思う。

そのためには、事前に相談に来て欲しい。


具体的に、例を示して・・ご納得いただくことも多いし


差し迫ったご相談なら

どういった方なのか? 本人・・ご家族の交友関係なども十分に

お聞きした上で、メリット、デメリットをお話しし

「なるほど」と、ご理解いただくご説明をしたいと・・・切に思う。
| 家族葬について

2010年07月08日

家族葬という・・・造語


「家族葬」・・・いつ頃からか・・・

とある、フランチャイズの葬儀社から

発信された「造語」・・・と、聞いているが



大切な事なので、よく考えて決めた方がいいし

その事を・・メインに発信するその会社も

その、メリットとデメリットを 

誰にでも分かりやすくしっかり・・周知して欲しい。


安易に決定すると後悔するケースが・・・多いのも事実だ。

会社の受付で・・電話の対応をしている、女性事務員が

「ご家族様は、家族葬を希望しておられまして・・・・」と

申し訳なさそうな・・・声が聞こえる。

もう・・何本目?・・・そんな電話が・・・多い。


お客様への応対・・・なんとなく面倒な気がするから・・・

少人数「家族だけ」で「家族葬」を希望する。


考え方としては、それも有りなので、否定は出来ないが・・・

葬儀後のことを考えれば・・・ある程度のお付き合いの有る

家庭では・・・通常通り施行したほうが良い場合が多い。


付き合いの多かった人なら・・・間違いなく

お客様が後日・・・「自宅」に弔問に来られ、外出も出来ない。


それと・・・今回、一番感じたのは

多くの生花が並べられている!

故人・または、遺族、親族のお付き合いの広さを感じる・・・。

だけど、葬儀は・・・

お客様はいない・・・ひっそりしている事がある。


それも・・納得の上で、満足行くお送りであれば

問題ないのだが・・・・

「本当にこれで・・いいのかな?」

「うーーーん」やりきれない思いも・・・たまに、感じる。


亡くなられた方の歴史、生きてきた証・・・

ご弔問下さった方と、ご一緒に・・・

思い出を語り・・あるいはお聞きして、新たな発見も有る。

その事も含めて・そういうプロセス全てが・・・お葬式かも・・・知れない。
| 家族葬について

2010年06月13日

家族葬とは?


家族葬という・・・最近はやりの・・・造語

定義が難しく・・・尋ねられても・・明確な答えが無く

また、尋ねられた方も、勘違いしている場合が多い。


なので、私は

「ご家族を中心とした、ごく親しい方々のみでお送りする形」と

ご説明するが・・・認識の違いから・・・勘違いが多い。

トラブルを避けるために、私は・・・ここだけは!というツボを

ハッキリと伝えると・・・

「通常のお葬式に!」と言う方も、また多い。


とあるフランチャイズの葬儀社さんが、始めたらしいけど

これはこれで、良い方法では有ると思う。・・が

今後、無用のトラブルを避けるために・・きちんとした

説明が出来なければいけない。


気持ちとしては、費用をかけたくないので「家族だけで・・・」

という考え方と

多くの弔問客への対応に追われ、「悲しんでいる時間も無い」

だから・・家族と親しい身内だけで・・・という考え方。


どちらも説明がつくし・・・間違いではないと思う。

ただ・・・・もう少し踏み込んで考えてみましょう。


亡くなられた方は・・・どなたでしょうか?

大切な親を送るのであれば・・・親の生きて来た歴史があり

その中で多くの方々と、ご縁を紡いできたはずです。

中には、無二の親友もおられるかも知れない・・・・

どなたかが、大きな恩義を持ち・・別れに行けない事を

嘆くかも知れない。


また費用の面では、お客様が来るから・・・負担が増える・・とは

一概に言えない。

葬儀とは、ご存じのように、昔から相互扶助の精神で運営されてきた。

村八分の、残りの片方に入っているくらいだから

昔から、一大事だったんだと思う。

だから「香典」というお金を、皆さん持ってきて下さる。

結婚式もそうだが・・・これが、とても助かる。

特に葬儀の場合は、突然訪れる事が多く、準備していない事が多い。


私は、予測人数をお聞きして・・概算を出してみます。

「なるほど」と、納得されて通常通りお願いします・・という方が

相談に来られた方の中には、多く見られます。


でも・・葬儀は・・面倒だから・・と言う方も中にはおられます。


その時は

「大丈夫です、私たちが全てやりますから」と言うと

すごく安心されるのか、急に笑顔に・・・。

それほど・・慣れる事のない、難しそうな宗教行事という

印象をみなさん持っておられるようです。


昨今の「宗教者」の厳しいかな?と思えるほどの

作法への締め付けじみた・・・お話にも問題が有るのかも?

宗教離れ・・・特に お寺離れ・・が加速しそうな予感がします。


でも何でも、疑問に感じたら・・お気軽にご相談にお越し下さい。
| 家族葬について

2010年05月10日

家族葬

今日の あじさいホールの お葬式は

「家族葬」でのご希望でした。

道案内の看板も、ホール入り口の看板も出さず

ご家族と ごく親しい身内のみで お別れ。

05107399.jpg

田舎なので、ご近所の方も 数名、見えておられました。

少人数でしたが、特別・・寂しいとか言うことも無く・・・

そして、お坊様のお話が・・・とても良くて

みなさん聞き入っていました。

静かに厳かに・・・粛々と式典は進みました。


05107402.jpg

とても几帳面な ご家族の方々でした。

担当の大規も、それに相応しく・・対応していました。

お客様のカラーに合わせる事も、田舎の葬儀社として

大切な事なのかも、と思います。


何を聞いても、堅苦しい返事しか返ってこないのも

担当者に対し・・お客様は、打ち解けづらい気もします。


お客様は担当者の「人間性」を かなり重要視します。

何でも気軽に・・聞いたり頼んだり出来る、頼れる人・・という

印象を持ってもらえたら・・最高ですね。
| 家族葬について

2010年02月02日

今日の家族葬

02022563(1).JPG

本日の、ご葬儀は 素晴らしい お葬式だったと思う。

6人の娘さん・・・娘たちは遠くに嫁ぎ、親を案じ・・・

娘さんたちの、その気持ちが、ヒシヒシと伝わってくる

一番、心を動かされたのは

「母は、こと子供の事には・・無我夢中で世話を焼いていた」と・・

どこでも有る事だけど・・親のありがたさ・・優しさ・・

どんなに親を想い、尽くしても、親から受けた愛情には 到底かなわない

自分が親になれば・・当たり前・・とも言える その気持ち。

でも、その事を・・・昔を・・・思い出し・・しっかりと

娘たちは 覚えていた。    

感謝の気持ちで 忘れる事はなかった。

お母さん・・・良かったですね。良い子供たちに恵まれ

本当に良い人生でしたね。

最後に「あなたの大切な 子供たちは みんな元気ですよ」

「ゆっくりお休みください」と結ばれていました。
| 家族葬について

家族葬

誰が いつ名づけたのか?分からないが「家族葬」という言葉

意味は、「ごく近い身内だけでするお葬式」の事

今日の山田会館での お葬式は、ご家族で話し合われて

「家族葬」でする事を決められました。

02024048.jpg

高齢の方だったので、家族葬といっても

お孫さん ひ孫さんだけでも20名を超えるので

通常のお葬式と、あまり変わらないくらいの人数だった。

お客様に気遣うことなく、お別れの儀式に、ゆっくり向き合えたので

大切な親の、最後の見送りとしては、良い形かもしれない。

しかし、どこまで通知し、誰に来ていただくか?これがとても難しい。

ひとつ間違えると、大きなトラブルになる事が多い。

今日のご家族様は事前に、その事を徹底しておられたようでした。

アイワホールのホームページへ

http://www.aiwahall.com/



| 家族葬について